Choose a language

言語:

ヒントやアドバイス

    • css slideshow
    • helpful-tips-1024x696
    html slider by WOWSlider.com v8.8

     

    役に立つ基本のアドバイス

     

    a) 初日は、体を休めて激しい運動は避けてくださいね。到着直後にはコカ茶(ハーブティーの一種)か多めの水分を取るのが良いでしょう。

    b) 銀行は月曜日~金曜日、午前9時~午後16時まで営業(中間休みなし)しています。公式通貨はボリビアーノです。硬貨(10、20、50センターボス、また1、2、5ボリビアーノス)、紙幣(10、20、50、100、200ボリビアーノス)が使用されています。偽札の見分け方は、紙幣に透かしがあるか、銀色の偽札防止の印刷があるか、記載されてある小さい文字が鮮明に印刷されているか、紙幣全体の印刷が鮮明で間違いがないか、などです。

    c)コミュニケーションをとるには、いつもまずはスペイン語で話してみてその後英語で話すようにしてくださいね。たいてい若い人は英語を話すし理解もできます。年配の人や大人はあまりそうではありませんが…。地方では、英語はおろかスペイン語でさえ理解されないこともあります。

    d) 両替する際には、銀行や両替所など公式の場所で両替するのが良いでしょう。路上の両替商や小さい店で両替するのは安全ではありませんよ。

    e) 例え親切そうな人であっても、怪しげな小包、荷物、その他のもの何でも、受け取らないで下さいね。また、警察署や観光インフォメーションブースであっても、人が多い場所では自分の荷物から目を離さないで下さい。

    f) ボリビアはチップ制ではありません。でも良いサービスだと感じたら、支払いの数%分を自分で決めてチップを渡せますよ。

    g) ボリビアでの運転は可能です。ボリビアは国際運転免許証の条約締結国だから、自国で運転免許をもっていれば運転できますよ。

    h) もし道路封鎖に遭遇しても慌てないで下さいね。道路封鎖をやっている人たちは誰かを攻撃したりはしません。ただ、目的地に到着するのを遅らせたいだけなんです。でも、道路封鎖をやっている人まで近づかない方が良いですよ。

    • carousel jquery
    • recomendaciones-22
    css slider by WOWSlider.com v8.8

     

    色々なアドバイス

     

    安全面

    ボリビアは間違いなく、南米の中では最も安全な国のうちの一つですが、時にはストライキ、デモ、何らかの抗議活動、争いに遭遇するかもしれません。場合によってそれらのが激化して暴力的になることもあるから、巻き添えをくわないように逃げるようにして下さいね。
    大切なのは、バスターミナルやその他の観光客が行くような公共の場所、そして人があまりいない場所、特に夜は、いつも細心の注意を払わないといけません。最悪の事態に陥らないように、いくつかアドバイスをしておきますね。
    偽警官:偽物の警察身分証明書を提示したり、あなたの身分証明書やお金を盗むために警官のふりをする偽警官がいますよ!
    泥棒、ひったくり:いついかなる時であっても、自分の所持品には注意をして下さい。機械製品、財布はもちろん、銀行や両替所からでる時も慎重に行動してくださいね。
    睡眠薬強盗:知らない人から飲み物や食べ物は受け取らないで下さい。あなたを眠らせて所持品を盗むために、何らかの錠剤あるいは粉末薬が入っているかもしれませんよ!
    人身売買:もし子どもを連れているなら、バスターミナルや大きな市場では、子どもから絶対に目を離さないで下さい。そんな場所は人が多いから、その混乱を利用して子どもの人身売買がなされることもあります!
    強盗:よく知らない場所、灯りが少ない場所、お酒が売られている場所を歩くのは避けるようにして下さいね。そんな場所では、悪い人があなたを待ち伏せしているかもしれませんよ。
    物の紛失:所持品を全て紛失してしまう事態を防ぐために、お金や証明書類は分散して持ち歩くのをおすすめします。ビザやパスポートのコピーを持っておくのも良いですね。旅行する際には、貴重品はスーツケースに入れずに、手荷物として持ち歩く方が良いと思います。ホテルには、お金などの貴重品は置いておかないで下さい。最後に、あなたが泊まっているホテルや利用している旅行会社、また大使館の名前、住所、電話番号は常に携帯するのを忘れないで下さいね!

    食べ物


    もちろんボリビアで現地の食事をするのは、素晴らしい経験になるでしょう。でも、勧められたレストランに一人で行く際には注意して下さい。腹痛に悩まされたくないなら、路上で売っている食べ物を食べるのは結果的に良くないかもしれません。実際に、よく火の通った食べ物やミネラルウォーターか一度沸騰させた水を飲んだ方が良いですよ。ボリビアへの旅行者の間では、汚い水や食品が原因の下痢の症状がでることが多いんです。もし何らかの症状や痛みが二日以上続いたら、医者にかかるようにして下さいね。

    食べ物


    ボリビアに行く前に、体調を万全に整えておく必要があります。日本を出発する前に、健康状態を入念に検査するのが良いでしょう。安全な旅行をするには、必要な予防接種をして、万一の際にボリビアで病院に行くための費用を準備しておいた方が良いと思いますよ。持病がある旅行者は常に、処置方法が説明されてある書類と、処方薬を携帯して下さいね。
    ボリビアの東部地方では、蚊の対策に虫除けスプレーを肌や服にかけるのも大切です。長袖長ズボンの服装をして、長ズボンをブーツインして下さいね。夜には蚊帳を使って、窓やドアに網戸のチェックもして下さい。雨季(11月~4月)には、蚊にさされることで感染するデング熱がボリビアで流行したら、最新の情報をチェックしましょう。
    ボリビアの西部地方ではアンデス山脈にあります。アンデス山脈の大部分には虫がいません。一番大切なのは、高山病(ボリビア人には“ソロホチ”として知られる)を予防することです。
    同じく、紫外線は標高が高いから強く、日焼けをしてしまう危険性が高くなります。

    ボリビアの天候

     ボリビアの天候

    夏は(11月~4月)は、雨季にあたります。陸路での移動が難しかったり、あるいはできない地域もあります。ボリビア全土を冒険したいなら、冬(5月~10月)にするのが一番良い時期だと思いますよ。ボリビアには強烈な天候をもつ都市が2つあります。1つはうだるような暑さのプエルト・スアレス(サンタクルス)、もう1つは凍えるように冷たい風が吹くウユニ(ポトシ)です。でもどの都市でもどんな季節でも天候の変化が激しいんです。
    谷間部は、一年を通してあまり雨が降らず、穏やかな天候です。旅行に良い時期は7月から9月で欧州の休暇期間に当たります。このメリットは、もしあなたがグループで旅行するために行く人を探しているなら丁度良い時期という点です。もちろんこの時期は他の時期と比べると一般的に値段は高めですが…。

     

    追加情報

     ボリビア旅行者にとって役立つその他の情報

    お金:通貨はボリビアーノです。両替をするなら、現在1米ドル=6.96ボリビアーノです。現金とクレジットカードを持ってくるのをおすすめします。
    機械製品:ボリビアの都市の大半は220Vの電圧が利用されていますが、110Vが使用されている地域も多いですよ。
    インターネット:オンラインしたいならインターネットカフェを利用した方が良いでしょう。ホテルの多くにもインターネット接続環境があるし、ホテル内の商用に使われるスペースではパソコン対応の高速度のインターネット接続、Wi-fi利用ができますよ。
    携帯電話:大都市では電波状況が良いですが、田舎の町では電波が弱いか利用できません。もし携帯電話を持っていくなら、提供会社に国際プランや電波の届く範囲について相談しておきましょう。GMS式の携帯電話は一般的に、ボリビアのラパス、サンタクルス、コチャバンバといった大都市でのみ利用できます。SIMカード付きの携帯電話を持っているなら、ボリビアで互換性のSIMカードを購入して4社あるボリビアの携帯電話会社のうちの1社を利用して下さいね。

    + 色々なアドバイス

    高山病(ソロホチ

    観光客のほとんどが、標高2000mを過ぎても全く何の症状もでません。でも、入院するほど深刻な病気になるかもしれないから、最初の体の違和感に気を付けて様子をみて下さいね。高山病あるいはソロホチの症状は、酸素が薄いことによる、頭痛、息苦しさ、食欲減退、吐き気、胃の不調、体のだるさ、やる気のなさ、疲労、めまいなどです。これらの症状を悪化させないためのアドバイスをしておきますね。
    初日、特に最初の12時間は体を休めること。年配者なら特に体を動かす時はゆっくり行動しましょう。
    水分は取り過ぎないようにしましょう。高地では水分を体に溜め込みやすいので、肺にむくみができる可能性が増えてしまいますよ。
    食べるときは腹八分目を心がけましょう。
    お酒、煙草、その他体に悪いものは避けること。
    ボリビアでは数多くのホテルと一部の旅行会社には、頭痛の症状が強い人のために酸素ボンベが用意されています。もし高山病の症状が深刻な場合は、病院に行って下さいね。

    医療施設

    大きいな都市にある医療施設は、深刻な状態の場合、利用するのが良いと思います。でも大きな都市から離れると、サービスの質がかなり落ちてしまいます。現に、田舎での治療方法は簡素なものだったりそもそもなかったりします。ラパス、コチャバンバ、スクレ、サンタクルスにはバイリンガルの医者もいますよ。それに、ボリビアの大きな都市部、また小さな町でも、すぐにドラッグストアを見つけることができます。でも全ての薬局が24時間営業というわけではないので気をつけて!一般薬は誰でも服用できますが、ラベルや説明書はスペイン語で書かれています。

    健康保険

    あなたの健康保険が外国で使えないなら、他の保険に入った方がいいですよ。だから万一の時のために、あらかじめ、先払いができて病院にかかった際に後から返金される、そんな保険があるかどうか調べておいて下さいね。
    でも、ボリビアの医療施設ではクレジットカードでの支払いはできませんよ!

    • slider
    • preguntas-1024x680
    css slider by WOWSlider.com v8.8

     

    旅行者のよくある質問

     

    あなたが気になっているであろういくつかの質問にここで回答しておきますね。

    • 外国人はボリビアで滞在するためにどんなビザを取得できますか?

    ・目的ビザ(観光、訪問)、学業、商用、家族、トランジット

    ・長期滞在ビザ:学業、商用、健康、家族、人道上の理由

    ・永住ビザ

    • 入国カードはどのようですか?

    ・ボリビアに入国するには、タルヘタ・アンディナ・デ・ミグラシオン(TAM)に記入して、入国スタンプが押してあるカード下部を保管して下さい。出国時に提示を求められますよ。

    • 長期滞在ビザを取得するには何をしなければいけませんか?

    ・グループⅠ(1)に属する南米諸国の長期滞在ビザは、移民管理局へ行って手続きを始めましょう。

    ・グループⅡ(2)、グループⅢ(3)に属する国の長期滞在ビザは、大使館が発行したビザがあれば、長期滞在ビザを発行できます。でもまず移民管理局が要求する条件を満たさなければなりません。詳しい情報はこちら:www,migración.gob.bo

    • ボリビアに入るために、観光目的ではない場合、何か許可が必要ですか?

    ・活動の種類によります。ボリビア領事館で対応ビザを申請することで、入国が許可されます。あなたの居住国でこういった領事館がない場合、自国に一番近い国の領事館で申請できますよ。

    • ボリビアでの外国人労働者としての権利は法的にどうなっていますか?

    ・法規の中で、ボリビア人労働者と外国人労働者との間で特別な待遇の違いはほとんどありません。外国人労働者も、いかなるボリビア人労働者と同じ権利と義務があります。

    • ボリビアの永住ビザを取得するにはどれぐらいの期間が必要ですか?

    ・約3年居住しなければなりません。本人が3年以上居住すれば、その配偶者、子ども、被保護者の居住期間は、例えその人たちが実際に3年以上居住しなくても拡大します。

    • 目的ビザ、長期滞在ビザ、永住ビザは何をしたら失効してしまいますか?

    ・もし移民法370条、35章の記載事項に違反した場合、ボリビアの移民管理局の権威によってあなたのビザは無効化します。

    8.ボリビアで旅行者のときに滞在期間が終了してしまったら、どうしたらいいですか?

    ・移民管理局に行って、滞在の状態を通常化してください。規定違反の滞在をしたら、日ごとの罰金を支払わなければなりませんよ。

    9.旅行関係の重要書類を失くしてしまった!どうすればいいですか?

    ・まず、観光警察に連絡をしなければなりません。盗難にあったのなら、フエルサ・エスペシアル・デ・ルチャ・コントラ・エル・クリメン(FELCC)に連絡して下さい。

    ・その後、自分の国の領事館で手続きをして、自分の身分が外国人であることを証明する何らかの証明書(仮のパスポートなど)を受け取ってください。

    ・最後に、移民管理局に行きましょう。


アプリケーションをダウンロードする: